最新ニキビに効く薬「ベピオゲル (過酸化ベンゾイル)」はプロアクティブの成分?

2008年のディフェリン(アダパレン)解禁から7年!2015年に日本デビューしたニキビの薬、「ベピオゲル」

ひさしぶりの新ヒーローの登場に日本人はうかれたくなるのですが、ベピオゲルのメインの有効成分「過酸化ベンゾイル」は、アメリカではかなり前からニキビ治療薬の「スタンダード」で、医師の処方箋もいらないほどベーシックな成分。

ニキビケア化粧品の定番ブランド「プロアクティブ」のアメリカ版コスメには、この「過酸化ベンゾイル」が配合されているとのこと。そりゃ効くわ。(*注意1)

そんな、「アメリカではけっこうふつー」の「過酸化ベンゾイル」ですが、安全第一の日本では「キケン」と判断されてなかなか認可されなかったのです。

そして、2015年4月、とうとう日本でも「保険適用のニキビに効く薬」としてやっと認可されたのです!やった~♪

ニキビへのアプローチとしては「ディフェリン」とにているのですが、ディフェリンがきかなかったサポーターから「これは効いた!」との報告もさっそくありました。

[*注意1] 認可されたといっても日本では処方箋が必要な「薬」なので、日本版プロアクティブに過酸化ベンゾイルはつかわれていません。

ベピオゲルの正しい使い方

ディフェリンが透明なジェルなのに対して、ベピオゲルは乳白色のジェル
でもディフェリン同様、匂いがなく、さらっとしているので使いやすいと思います。

皮膚科の先生に指導された使い方は、ディフェリンとときとちょっと違っていました。

  • 1日1~2回
  • スキンケア前の肌につかうか、スキンケアが終わった後の肌に使うかは、スキンケアの種類によってなのか、刺激がすくないと感じる方でニキビができている患部以外の「ニキビができやすい部分」にもぬっていい
  • 使い始めの時期は、赤くなったりぴりぴりする反応がでるかもしれないけど、気にせず使い続けてみること
  • でもそれがどうしても嫌だなってときは、使用を中止すること

ベピオを使うにあたって、意外とめんどうな注意点としては「25℃以下で保存しなければならない」ということ。

夏場はもちろん、冬でも暖房がよくきいたあたたかい室内は25度をこえることが多いので、ゲットしたベピオは「冷蔵庫に保存」することになります。

冷蔵庫はスキンケアする場所、化粧品を保管している場所とはなれていることが多いので、おふろから上がって「今ぬりたい!」ときにベピオが手元になくて、そのままぬるのを忘れてしまったり・・・。

でも、ディフェリンが体質にあわなくて使えない人には、ベピオにはそのめんどくささをのりこえる価値があるとおもいます!

ベピオゲルについての個人的見解

ベピオゲルの認可をきいたとき、緊急的なニキビの危機をディフェリンゲルにたすけられてきたわたしにとって、「わざわざベピオにきりかえなくてもなぁ~」というのがホンネでした。 ベピオのニキビへの効き方は、部分ピーリングをして、毛穴を風通しをよくする、というディフェリンと同じアプローチなのです。

ただ、ベピオにはそれにプラスしてディフェリンにはないアピールポイント「炎症をおさえる」という効果があります。
とりあえず、ディフェリンが「合わない」せいで、つかえなかった人はまず一番にトライしてみる価値がある層だと思います!

そういう私は、ディフェリンが炎症ニキビにも効くので、ベピオだけに「炎症をおさえる」効果があるかどうか、いまだにピンとこないまま、なんとなくどちらも同じ愛情をもってつかっているのですが、 残念ながら、ベピオについては、こまかいデメリットを2つみつけてしまいました。

  1. 冷蔵庫保存がやっぱりめんどくさい
  2. 乾くと白くなる

ニキビケアは毎日のこと。ちいさいことのはずなのに、「めんどくさい」はじんわりきいてきます

ディフェリンゲルは、「あ!ニキビがきそう!!!」っていうときに、その場でささっとぬると、大事をふせげるような気がしているので、ポーチに携帯しています。常温で保管できて、透明のディフェリンゲルの性質は、そのニーズにがっちりマッチ。いつでもつかえるのがめんどくさがりやの私にはよかったのです。

一方、洗面台から徒歩5mの冷蔵庫の中にあることがわかっていても、ベピオがディフェリンほどの気楽さになることは、めんどくさがりの私にはなかなかありませんでした。
そして、もうひとつのベピオの欠点「かわくと白くなる」ことも、じわじわ効いてきます。ベピオはちょんっした場所が白い点になるので、ベピオをつけた顔は白いぽつぽつで赤い炎症ニキビよりも目立つ結果に(悲)。 外出先でもささっとぬれるディフェリンとくらべて、家に帰ってから、メイクをおとして、顔をあらって、さて、というタイミングでしかベピオをつけたくならないので、結局、ひとつのニキビがなおるのに時間がかかってしまいました

病院では、一回のニキビの診察で、薬は1種類しか処方してくれないので、ベピオもディフェリンも同じ効果がある私は、便利なディフェリンをまず希望しています。でも、ベピオの「炎症をおさえる」効果はやっぱり魅力的で、ベピオもすっぱりはきれず、後日ベピオも処方してもらいにいったりして、結局はどちらもつかってます。

ずばり、ベピオとディフェリンで効果に大きな差はありません!まずはどちらもためしてみて、あなたのニキビに効果がある方、肌に合う方をえらぼう!とみきわめてみて、その結果、同じ効果だな~とかんじたら、使いやすい方をえらぶとよいと思います!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*